toggle

インド紅茶専科Mittal Tea Roomの開業

最高級の「ダージリン紅茶」を生産するインドは紅茶生産量世界一。
サラリーマン時代、延べ14年のインド駐在で純正・良質のインド紅茶をニューデリーで販売する「Mittal Teas」のオーナーVikram Mittal(ヴィクラム・ミッタル)氏と知己になりました。
「Mittal Teas」は旅行ガイド・ブック『地球の歩き方』にも紹介されている日本人インド旅行者にも有名な紅茶販売ショップ。
サラリーマン引退を契機としてMittal氏との信頼関係のもと、「Mittal Teas」日本総代理店としてインド紅茶専科「Mittal Tea Room」を2016年11月19日(土)に開業しました。
ダージリン、アッサム、シッキム・ニルギリの紅茶生産地から入荷するシングル・オリジン・ティー、フレーバード・ティー、ハーブ・ティーの喫茶を通じて、日本ではまだ多く普及していない紅茶の真髄を多くの人に知って貰いたいと思っています。
高品質のインド紅茶をホームメイドのケーキやクッキーとともに、優雅な空間で満喫して頂ければとの願いです。
日曜日限定「特製インドカレー」そして月曜日限定の「自家製スープ&焼き立てパン」もメニューに。
店内に所蔵する名工・久保田彰氏製作のフレミッシュ・チェンバロを使用した「バロック音楽サロンコンサート」も定期的に開催。
皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。

インド紅茶専科「Mittal Tea Room」オーナー 井上清美

写真

オーナーの友人
増田隆氏作

ミッタル氏

Vikram Mittal氏とご長女Nikitaさん

ミッタルティールーム店内

Mittal Tea Room店内

チェンバロ

店内に置かれたチェンバロ